社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 助成事業 > 助成事業について

助成事業について

助成事業の概要

当会では、緑化の推進などに関する事業経費の助成を行っており、以下の3事業を 「森と緑の会緑化公募事業」として、毎年度一括して募集しています。

平成28年度 森と緑の会緑化公募事業 資料

要望書式

緑の募金公募事業

概要

緑の募金公募事業

「緑の募金」は、市町村や関係団体など多くの道民の方々の協力奉仕で実施しています。

これらの寄付金は、地元に還元し、学校・公園・街路などの緑化に役立てられます。

また、募金の一部を活用し、緑化活動団体などを対象に公募による助成事業を行なっています。

助成対象者

民間の非営利団体

①特定非営利活動法人

②次の要件を満たす任意団体

・規約等により適正な運営と助成金の使途に係わる条件の遵守が確実と認められる任意団体

対象となる活動

緑化の推進及び森林の整備のうち、次の各号に掲げる事業を実施するもの

①みどり豊かな環境づくりのために行う、街路、校庭、公園及び福祉施設等への樹木や花木の植栽事業

②身近なみどりづくりのために、町内会等が自ら行う地域の緑化事業

③身近なみどりを保全するために行う、枝打ち、補植等の保育事業及び病虫害防除事業

④森林整備のために行う苗木の植栽、下刈り、保育、除間伐事業

金額

10万円(1件あたりの交付上限額)

応募方法

別記様式1の「森と緑の会緑化公募事業」計画書(要望)」(WORD)に必要事項を記入の上、期日までに「公益社団法人北海道森と緑の会」宛提出する。

応募期間

平成27年12月15日~平成28年2月1日(必着)

助成事例

助成事例はこちら

ゴルファー緑化事業

概要

公益社団法人 ゴルフ緑化促進会に加入しているゴルフ場がゴルファーから募った協力金をもとに、公共施設などの緑化事業に対し助成しています。

(ゴルフ緑化促進会に加入しているゴルフ場の所在市町村及び周辺の市町村で実施)

道内加入ゴルフ場

北海道クラシックゴルフクラブ(安平町)

サロベツカントリークラブ(豊富町)

ゴルファー緑化事業

助成対象者

民間の非営利団体

①特定非営利活動法人

②次の要件を満たす任意団体

・規約等により適正な運営と助成金の使途に係わる条件の遵守が確実と認められる任意団体

対象となる活動

学校・病院・公園・河川・福祉施設などの社会公共施設の緑化活動

金額

30万円(1件あたりの交付上限額)

応募方法

別記様式1の「森と緑の会緑化公募事業」計画書(要望)」(WORD)に必要事項を記入の上、期日までに「公益社団法人北海道森と緑の会」宛提出する。

応募期間

平成27年12月15日~平成28年2月1日(必着)

助成事例

助成事例はこちら

緑と水の森林ファンド事業

概要

緑と水の森林基金事業

一般市民・企業・団体などからの自発的な募金により、1988年に設立された基金です。

その運用益により、「道民参加の森づくり」に取り組む緑化活動団体などに助成しています。


助成対象者

民間の非営利団体

①特定非営利活動法人

②次の要件を満たす任意団体

・規約等により適正な運営と助成金の使途に係わる条件の遵守が確実と認められる任意団体

③個人(緑と水の森林ファンドの調査事業に限る)

対象となる活動

毎年の重点課題に基づき、普及啓発、調査研究、活動基盤の整備、国際交流の4つの分野について、北海道内で実施。

①「地球温暖化防止と森林」、「地域材の活用」「水と森林」等の政策課題をポイントをおいた総合的・効率的な普及・啓発活動

②地域材の利用推進等山村資源の有効活用を通じる山村の活性化

③リーダーの養成・ネットワーク構築等の森林ボランティア活動支援

④新たな学校林活動の推進など森林環境教育を通じた青少年の育成

⑤森林の公益的機能、森林バイオマス、学校林活動等に関する調査研究

金額

50万円(1件あたりの交付上限額)

応募方法

別記様式1の「森と緑の会緑化公募事業」計画書(要望)」(WORD)に必要事項を記入の上、期日までに「公益社団法人北海道森と緑の会」宛提出する。

応募期間

平成27年12月15日~平成28年2月1日(必着)

助成事例

助成事例はこちら



トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。