社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 林業普及 > 普及支援

東北・北海道ブロック平成26年度林業グループコンクール

  平成26年度東北・北海道林業グループコンクールは、9月3日・4日の日程で岩手県盛岡市のつなぎ温泉「愛真館」において開催されました。北海道からは南富良野町で活動する「レディース100年の森林業グループ」の副会長鷹嘴充子さんから、日頃の地域活動の取り組みなどについて発表しました。その内容は、「森は生きている!森林の大切さを未来ある子どもたちに語り継ぐ」と題し、林業グループ発足の経緯、所有林を活用したグループ活動、地域貢献活動、グループ活動の成果と今後の活動計画に整理し発表を行い、栄えある優秀賞を獲得しました。

同グループは、道内初の女性林業グループとして平成3年に設立され、現在、10名の会員で地域活動を行っています。会員全員がカラマツ人工林(43・46年生、総面積約13ha)を所有し、共同による山林の保育管理を行いながら、地元の緑化普及啓発や森林・花を活かした町づくり・環境づくりに大きく貢献されています。これらの地域活動が高く評価され、これまでに内閣府主催の「女性のチャレンジ賞」(H21年)、北海道社会貢献賞(H24年)を、それぞれ受賞されています。

発表する鷹嘴さん

11122.JPG

11112.JPG

          コンクール表彰式






林業普及について

事務局活動日記

書籍紹介

木や森のお話

お問い合わせ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。