社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 林業普及 > 普及支援

東北 ・ 北海道林業グループコンクールの開催

6.JPG5.JPG

平成25年度東北・北海道林業グループコンクールは、8月1日から2日の2日間、福島県の二本松市で開催されました。北海道からは、平成20年に道内で6番目となる女性林業グループとして設立された「くりやま女森ーの会」(栗山町)が、北海道代表として会長の早坂美千代さんが発表されました。

発表は、設立後5カ年の活動状況をとおし、「楽しみながら地域への貢献を!」と題し発表されました。その結果、惜しくも最優秀賞は逃したものの、女性ならではの様々な地域活動に対し、審査員から高い評価を得て、見事優秀賞を獲得しました。

グループの皆様方には、今後も楽しみながら積極的な地域貢献活動への取組を期待いたします。


全国林業後継者大会の開催

4.JPG

第64回全国植樹祭関連行事の一環として、全国の林業後継者が一堂に会し、持続可能な森林づくりの担い手としての役割や林業の楽しさについて意見を交わし、輝ける林業後継者の姿を全国に発信するために、毎年、全国林業後継者大会が開催されています。今年度の大会は、鳥取県の三朝町 で開催されましたが、山口会長、瀬口副会長の2名が参加しました。

▼開催日 平成25年5月25日、26日
▼主 催  全国林業研究グループ連絡協議会、鳥取県林業研究グループ連絡協議会ほか
▼後 援  林野庁、全国林業改良普及協会
▼テーマ  つなげよう森の力 森を育てるあなたの手
▼主な内容
○活動発表 森を生かした新しい幼児教室、 林業を学び林業後継者を育む、 団地化と利用間伐の推進
○基調講演 これからの林業と担い手について 京都大学フィールド科学教育研究センター 準教授 長谷川尚史氏
○パネルディスカッション 「林業後継者が林業を続けていくためには」
鳥取県内の森林組合職員・林業事業体をパネラーとして、林業後継者の林業継承への様々な問題点等について話し合いが行われました。

最後に、「楽しく生き甲斐を持って働いている林業後継者の姿とその果たしている役割の大きさを広く国民に発信し、林業後継者としての誇りを持ち、林業を通じて豊かな森林づくりを実現していこう」と宣言し、来年度の開催県を新潟県に決し、大会を終了しました。翌日には、西伯郡伯耆町の「とっとり花回廊いやしの森」で、天皇・皇后様をお迎えし、第64回全国植樹祭が開催されました。


林業・木材産業関係者への改善資金のお知らせ

   林業・木材産業に携わるみなさんの経営改善の取り組みを応援する無利子の貸付金です。

☆貸付限度額
  ・個人 1,500万円   ・会社 3,000万円   ・団体 5,000万円

☆償還期間・償還方法
・償還期間は10年以内の均等年賦払いです。
・事業内容により据置期間(3年以内)を設けることができます。
 (法律の特例により償還期間及び据置期間の延長があります。)
・借受にあたっては連帯保証人又は担保が必要です。

☆資金を利用できる取り組み
・生産性や品質の向上、新たな事業展開のために必要な機械、車両や施設の導入
・林業労働に従事する方の安全衛生や福利厚生に必要な作業器具や施設の導入
 

詳しくは、北海道水産林務部林業木材課、お近くの森林組合、総合振興局・振興局林務課にご相談ください。
 


北海道林業グループ協議会のH25事業計画概要

  道連協が実施する平成25年度の事業が次のとおり決定しました。円滑な事業実施のため、各地区の林業グループ等のご支援・ご協力をお願いします。

▼林業後継者育成事業(林業グループ活動の支援)
・松前アスナロ研究グループ(松前町) ・杉の子林業グループ(せたな町) ・桑園林業親交会(小平町) ・あしょろ岐志会(足寄町) ・和天別林業グループ(白糠町)

▼林業経営・就業体験等事業(農業高校、地域住民、青少年等)
・旭川・岩見沢・帯広の各農高(森林科学科生徒)のインターンシップ支援
・札幌市駒岡、藤の沢小学校の緑の少年団支援、全道緑の少年団の支援
・地域住民、青少年等への森林・林業普及啓発  置戸町林業グループ連絡協議会、中川町ナナカマド林業グループ
・新規就業者・参入者等定着促進活動  空知、後志管内の市町村(夕張市、芦別市、寿都町)

▼森とみどりを守る地域貢献活動支援事業 十勝管内林業グループ連絡協議会、森町林業グループ


北海道指導林家連絡協議会の設立

3.JPG

 本年2月28日、北海道知事が認定する「北海道指導林家」(2月末現在認定者265人)で構成する「北海道指導林家連絡協議会」が設立されました。各地の指導林家は、各地区の協議会を主体に、各指導林家の相互交流や林業振興への様々な取組を実施してきました。
今般、全ての管内に地区協議会が設立され、全道の地区協議会等の賛同を得たことから、正式に「北海道指導林家連絡協議会」が設立されました。設立総会では、17理事の中から、次の5名の方々が三役に選任されました。なお、事務局には、公益社団法人北海道森と緑の会が担い支援することになりました。

・会長 岡部誠二(空知地区連協)
・副会長  中脇 満(日高管内連協)、佐藤和夫(オホーツク東部地区連協)
・監事 古川一良(胆振地区連協)、清原賢一(根室管内連協)

以下、本協議会の主な活動方針は次のとおりです。
○設立趣旨:本協議会を通じ、道内の各地区指導林家連絡協議会相互の親睦・連絡調整をより深めることで、地区連協の更なる活動の促進、地域での社会貢献・産業貢献活動等による地域林業の発展と活性化に寄与する。

○活動方針
・地区連絡協議会活動の促進・支援(技術研修・交流会等)
・関係機関及び団体等と連携した地域での社会貢献・産業貢献活動の促進・支援
・地域での林業振興、林業後継者の育成・確保、林業技術伝承のための活動支援
・その他、協議会の目的達成に必要なこと


北海道林業グループ協議会通常総会・研修大会・交流会の開催

1.jpg2.jpg

去る2月27日、KKRホテル札幌(3Fエルム)において、平成25年度(第54回)通常総会と研修大会を開催しました。
●通常総会
道水産林務部、道森連から来賓挨拶を頂き、浦河まきば林業グループの笹島会長を議長に、事業報告・収支決算報告・事業計画・収支予算案・役員改選等の各議案を審議し、全ての議案が承認されました。
役員改選では、次の方々が役員に就任されました。(敬称省略)
○早坂美千代《空知・上川》 ○石倉要(石狩) ○矢戸賢一(後志) ○野表忍(日高)○山口敏男(渡島) ○大口義孝(檜山) ○大嶋正雄(留萌) ○山上隆久(宗谷) ○瀬口俊行(オホーツク) ○山口是人(十勝) ○丸子忠(釧路) ○井関道男(根室)、以上12名
また、役員互選の結果、新三役に次の方々が選任されました。
会長 山口敏男(渡島・森町林業G)、副会長 瀬口俊行(オホーツク・置戸町林業G連協)、副会長 山口是人(十勝・塩幌林業研究G)

●研修大会
総会終了後、同会場において研修大会を開催し、次の内容の発表や講話がありました。
▽林業グループ活動発表
・児童生徒の林業就業促進支援活動の取組
・発表者 十勝管内林業グループ連絡協議会 山口是人氏(塩幌林業研究G)
▽全国林業グループリーダー研修受講発表
・全国林業グループリーダー研修に参加して
・発表者 森町林業グループ 梅本貴史氏
▽林業普及セミナー(講話)
・北海道におけるフォレスター活動について
●交流会
通常総会・研修大会終了後、交流会を開催し、日頃の林業グループ活動の情報交換を行い、和気藹々の中で会員同士の交流に華が咲きました。






林業普及について

事務局活動日記

書籍紹介

木や森のお話

お問い合わせ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。