社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 林業普及 > 普及支援

渡島管内林業グループ連絡協議会現地研修会

 渡島管内林業グループ連絡協議会現地研修会が、6月2日(土)、松前町で開催されました。管内の5林業グループ、約40名が参加しました。今回のテーマは道南ならではのヒバです。

dscf1559.JPG  dscf1568.JPG

  山口会長の挨拶          地元松前町の岡本副町長の挨拶

 

 最初の会場は、道有林の池の岱にあるヒバ人工林。5年前に植栽した所ですが、もとは林齢100年ほどのヒバの人工林でした。一部を伐採し、伐採したヒバは、道の西部森林室事務所の内装材として利用しています。その伐採跡地に植樹をしたものですが、すでに樹高は3mを超えるほどになっており、順調に生長しております。

dscf1586.JPG  dscf1590.JPG

西部森林室本田氏の説明      生長の良いヒバ人工林

 

 次の会場は、挿し木によりヒバの苗木をつくっている苗畑です。ここは、町有地を借りて、松前のあすなろ林業グループが苗木づくりをしているところです。このグループは8年ほど前に結成されたグループで、結成当時から挿し木によるヒバの苗木作りに取り組んできました。今では、自分の山はもちろんのこと、町の植樹祭などにも苗木を提供しています。

  dscf1599.JPG  dscf1595.JPG

   グループの小谷会長から説明を受ける  昨年挿し木した苗木

 

 






林業普及について

事務局活動日記

書籍紹介

木や森のお話

お問い合わせ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。