社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 林業普及 > 普及支援

林業グループ「あしょろ岐志会」が設立されました

平成23年5月17日、足寄町に新たに林業グループ「あしょろ岐志会」(会長佐野大祐氏・会員7名)が、足寄町の基幹産業である森林・林業・木材産業の発展に寄与するため、総合的な技術や知識を習得し、安心して暮らせる緑豊かなまちづくりに積極的に参加することを目的に設立されました。

cimg1231-2.JPG

<佐野会長(右から3人目)とグループ員>

設立総会終了後、第1回目の研修会を開かれ、足寄町長安久津 勝彦 氏より「足寄町の林業への期待と展望」と題して設立記念講演がありました。

cimg1232.JPG

<足寄町長の記念講演>

足寄町内では、30年振り2つ目の林業グループの設立であり、活動に期待が寄せられています。

(情報提供:十勝総合振興局森林室足寄事務所)


「シイタケ栽培体験教室」を開催しました

平成23年4月18日、北見市林業グループ員 6名(うち指導林家2名、青年林業士1名)が上仁頃小学校(北見市上仁頃)において、児童14名に森林との関わりを身近に感じてもらおうと、「シイタケ栽培体験」教室を開催しました。

原木は林業グループ員の山林から用意し、林業グループ員の指導のもとに児童生徒がキノコの植菌(駒菌)を体験しました。原木約50本が植菌され、児童たちの手により仮伏せが行われました。

0001.JPG<作業の説明>

0002.JPG<植菌作業の指導の様子>

0003.jpg

今後も林業グループ活動を通して、地域貢献活動に期待が寄せられています。

(情報提供:オホーツク総合振興局東部森林室普及課)

  


第40回全国林業後継者大会が開催されました

平成23年5月21日(土)、「未来へ育てよう 森の恵みと担う力」を開催テーマに、全国の林業後継者が一堂に会し、健全な森づくりの重要性の再認識や森林・林業の果たしている役割を和歌山から発信し、国民全体で元気な森を未来へ引き継いでいくことを目的に、第40回全国林業後継者大会が、第62回全国植樹祭の関連行事として、和歌山県田辺市内のガーデンホテルハナヨで開催されました。

なお、北海道林業グループ協議会から、副会長の瀬口 俊行さん(オホーツク管内・置戸町)を派遣しました。

001.jpg

後継者大会会場の様子

002.jpg

全国植樹祭の会場にて(瀬口副会長)






林業普及について

事務局活動日記

書籍紹介

木や森のお話

お問い合わせ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。