社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 林業普及 > 普及支援

北海道指導林家「講師派遣事業」の実施

 北海道指導林家連絡協議会では、北海道と北海道森林組合連合会が共催する「森林計画実行管理技術研修」に対し、地域における社会貢献活動及び産業貢献活動の一環として、模範的な森林経営を実践している指導林家を講師として道協議会が派遣しています。各地域で実施される研修会では、自ら実践する森林づくりの考え方や施業方法などについて、参加した森林所有者や林業関係者等に講義を行っています。今年度の研修会は、17地域で計20回の研修会が開催されましたが、22名の指導林家が延べ60時間にわたり講義を行いました。

11.jpg

釧路地区研修会

22.jpg

渡島西部地区研修会?

31.jpg

留萌地区研修会


北海道指導林家連絡協議会「第3回通常総会」の開催

 去る2月25日、道庁別館地下1階会議室において第3回通常総会を開催しました。全道各地から31名の指導林家が出席し、事務局提出の全ての議案が承認されました。席上、毎年開催している全道研修会のほかにも、道外研修も実施できないかとの要望があり、今後の三役会議において検討することとなりました。

31.JPG

岡部会長の開会挨拶


北海道指導林家連絡協議会「全道研修会」の開催

地域で活動する北海道指導林家に必要な各種情報の共有化、及び指導林家相互の交流を目的として全道研修会を開催しました。今年度の研修は、全道各地から53名の指導林家が参加し、国立研究法人森林総合研究所林木育種センター北海道育種場を訪問し、北海道主要樹種の交配育種園を視察し、研究員との育種事業に関する意見交換を行いました。研修終了後の夜には、地域活動の情報交換の場として、和やかな懇親会も開催されました。

2.jpg

参加者の集合写真


北海道指導林家連絡協議会 緑化バッチ斡旋活動による「緑の募金」に貢献

 北海道指導林家の社会貢献活動の一環として「緑化バッヂ」の斡旋活動を実施し、全道17地区協議会の会員活動によって合計561個の緑化バッチを斡旋しました。また、去る11月5日、岡部会長・杉江副会長が北海道林業会館に出向き、その益金140,250円を「緑の募金」として北海道森と緑の会の堀理事長に寄付されました。

19.JPG

緑の募金贈呈(左:岡部会長、中央:堀理事長、右:杉江副会長)


北海道指導林家連絡協議会の通常総会を開催

去る2月26日、ホテルポールスター札幌において、全道の指導林家60名の出席のもと、平成27年度の通常総会を開催し、事務局より提出された全ての議案について承認されました。総会では規約により役員改選が行われ、次の方々が役員に就任しました。

○会長:岡部誠二(空知連協)○副会長:中脇満(日高連協)○副会長:杉江英雄(十勝連協)○監事:古川一良(胆振連協)○監事:清原賢一(根室連協)○理事12名:木谷辰雄(留萌連協)、村山裕(宗谷連協)、黒川利春(後志連協)、蓑島末男(上川北部連協)、野々下聡(オホーツク東部連協)、中納時雄(檜山連協)、前田樹一郎(オホーツク西部連協)、澤村敏雄(渡島東部連協)、村上登(上川南部連協)、中江徹(釧路連協)、鈴木昭廣(石狩連協)、小谷伍郎(渡島西部連協) 以上17名

また、前日行われた北海道林業グループ協議会合同による研修会では、留萌管内指導林家連絡協議会の木谷辰雄会長より、「これからの指導林家の使命」儲かる林業への取組についてと題して、日頃の留萌連協の取組のほか、自らの林業経営やお魚を殖やす植樹活動への支援、地元森林資源の充実によるニシンの郡来などについて発表されました。

4-p1020337.JPG

岡部会長あいさつ

5-img_8411.JPG

留萌連協会長 木谷辰雄氏発表






林業普及について

事務局活動日記

書籍紹介

木や森のお話

お問い合わせ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。