社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 緑の募金について > ボランティア活動

ボランティア活動

室蘭市の女性団体からの募金

色んな感激とか感動があるから「また今年も」。

募金活動はもうあたりまえの行事になってます。

婦人会

「しなきゃ」って。今は町内会で街頭に立って、団体としてもまた街頭に立ってます。

緑の募金は5月に来るっていうことで事業の中に取り組んでいるんです。これはひとつのボランティア活動なんですけれど、緑の羽根と、赤い羽根募金は必ず入れているんですよね。だからあたりまえのように活動している。

実際に募金活動をやっていると、けっこう学生さんたちが多いんです。

ズボンを腰まで下げているような学生が、“ポーン”と入れてくれるんですよ。

毎年そうなんです。だから青少年の問題がどうだこうだと言われてますけれど、そうした中にも、緑のために募金をする優しい子どもがたくさんいるってことを、私は忘れてはいけないと思っています。

少年団活動の活動

親子2世代3グループによる森林・みどりづくり

少年団

新ひだか町川合・西川地区では、父親グループ、母親グループ、そして緑の少年団(子どもたち)の親子2世代3グループによる森林・みどりづくりが実施されています。

町内には「桜の名所百選」に選ばれている「二十間道路桜並木」もあります。父親グループである「西川林業クラブ」は昭和32年に結成され、平成18年で50周年を迎えました。

平成7年には、「森の大切さ・すばらしさ」を学ぶため、子どもたちが「川合・西川緑の少年団」を結成し、「西川林業クラブ」の指導のもと、地区の森林を利用した学習が始まりました。

活動の内容は、つる切り・除間伐・枝打ちなどの保育活動が中心ですが、現在、地区として重点的に取り組んでいるのが「梅の里」づくりで、毎年、3グループによる梅の植樹活動を行い、桜並木に続く、第2の観光の名所を目指しています。現在では、収穫した梅を使用して、ジャムやゼリーもできるようになりました。

少年団

また、奉仕活動も少年団の精神面の育成で重要なものとなっています。町で行われる祭りでの募金運動、植樹祭の参加、老人ホームへの手作りリースのプレゼントなどに取り組み、地域に慕われる団体になっています。

募金速報

2017/11/06 北海道鮨商生活衛生同業組合から緑の募金へ寄附

2017/09/23 室蘭地方自動車整備振興会の協力による植樹会

2017/09/23 積水化学グループによる森林保全活動

2017/08/23 北海道札幌林材協会から寄附

2017/08/11 北海道森林スポーツフェスタ2017から緑の募金へ寄附

2017/07/13 北海道電力(株)と連携した緑の募金行っています

2017/06/29 緑の少年団による募金活動

2017/06/06 「おさかな増やす森づくり」に寄附をいただきました

2017/05/25 三津橋産業株式会社から緑の募金へ寄附

2017/05/13 緑の募金街頭募金がはじまりました

だれでも簡単な事で、地域緑化に参加できます。

アナタに最適な参加方法をご提案いたします。

まずはお問い合わせください


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。