社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 緑の募金について > 企業・団体の活動

企業・団体の活動

自動販売機の販売促進へ緑の募金を活用

ダイドードリンコ社

ダイドー社

ダイドードリンコ社は「緑の募金」ができる自販機の設置を進めています。

「緑の募金」自販機の設置台数は約2,500台。売上の一部は(社)国土緑化推進機構に寄付され、杉の苗木を購入する資金などにあてられています。

詳細はダイドードリンコ社のサイトをご覧ください。

ポッカ社

ポッカ社

ポッカ社は北海道限定で発売した「ポッカノースブラック」の販売に際して、緑の募金に協賛されています。このコーヒーの売上げの一部は、北海道の緑化に役立てられています。

ペーパークラフトカレンダーの企画販売

札幌大同印刷株式会社

カレンダー

このカレンダーは販売収益の5%が「緑の募金」に寄付されます。

北海道の各所で販売されています。

カレンダー

詳細は木を植えるカレンダーのサイトをご覧ください。

企業の森づくり

企業としての環境貢献活動を広くアピール

地域との共存を自ら打ち出し、社員や顧客とのふれあいの場として活用、企業の記念行事として林業体験等、活用の仕方は様々です。

森と緑の会では企業の要望をお聞きし、要望に応じた森づくりをコーディネートさせていただきます。

企業の森

鮨屋です。だから森が大事です。

森は魚介類を育て、地球温暖化を防ぐ

鮨屋

森は魚の「魚つき林」といって、森がすばらしい養分を川に流し、海に行く。そうすると魚介類も活きがよいモノになるということで、緑化運動に参加するようになりました。

世界規模の緑化は遠い世界のように感じることですが、身近な森林が自分たちの生活、子供達の未来に直結していてすごく身近な事です。

だからこそ、イマできることをしっかりとやっておくことが将来に繋がると考えています。

北海道鮨商生活衛生同業組合 理事長 工藤繁毅

企業・団体の活動速報

2017/11/06 北海道鮨商生活衛生同業組合から緑の募金へ寄附

2017/09/23 室蘭地方自動車整備振興会の協力による植樹会

2017/09/23 積水化学グループによる森林保全活動

2017/08/23 北海道札幌林材協会から寄附

2017/08/11 北海道森林スポーツフェスタ2017から緑の募金へ寄附

2017/07/13 北海道電力(株)と連携した緑の募金行っています

2017/06/06 「おさかな増やす森づくり」に寄附をいただきました

2017/05/25 三津橋産業株式会社から緑の募金へ寄附

2017/03/29 中山組から緑の募金へ寄附

2017/02/28 室蘭地方自動車整備振興会から緑の募金へ寄附

これからの時代、企業が永続的に繁栄するためには環境活動を積極的に行っていくことが不可欠です。

対外的な効果以外に、社員のメンタルケアにも活用する方法があります。

御社の反映に是非、森と緑の会をご活用ください。

お問い合わせをお待ちしております。


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。