社団法人北海道森と緑の会

〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目1番地
北海道水産ビル6F

TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 森と緑の会活動日記

事務局活動日記

木とふれ合い親しむ催し開催

 8月26日(土)、札幌市のツドームで行われた「食べる大切フェスティバル」に出展し、木とふれ合い親しむ催しをおこないました。石狩振興局森林室や木育マイスターの協力を得て、「マイ箸つくり」、「おもしろ将棋つくり」、「木の釣り堀」、「写真展『日本の森林いまむかし』」、森の絵本などを集めた「森の図書室」の5つのコーナーを設けました。

dsc00692.jpg 森と緑の会のブース

dsc00727.jpg おもしろ将棋つくり

dsc00720.jpg 作った将棋で対戦

dsc00707.jpg 木の釣り堀コーナー

dsc00734.jpg マイ箸つくり

dsc00716.jpg

dsc00711.jpg 森の図書室

dsc00718.jpg 写真展

dsc00693.jpg 木の積み木コーナー

dsc00731.jpg


もいわ幼稚園 カミネッコンで苗木づくりを体験

 8月22日、札幌市立もいわ幼稚園の園児が、カミネッコンを使った苗木づくりを体験しました。「カミネッコン」とは再生紙段ボールを使った紙枠型の植樹ポットのことで、 「紙」で「根っこ」を「コンパクト」に守って植樹することに由来するものです。厚い段ボールのため、組み立てにくいところもあり、最初はとまどう場面もありましたが、慣れると自信を持って2個目のカミネッコンづくりに挑戦する園児も出てきました。

 カミネッコンの制作後、ハルニレ、ヤチダモなど5種類の広葉樹から好きな苗木を選び、自分で作ったカミネッコンに、「大きくなれ」との思いを込めながら、1本1本ていねいに苗木づくりに取り組みました。

 この苗木は、9月に開催された札幌市植樹祭会場に植えられました。

 

?

 

 

 


北海道札幌林材協会から寄附

 (一社)札幌林材協会から、今年も緑の募金に寄付をいただきました。札幌林材協会からの寄付は9年続けての寄付となります。 札幌林材協会は、明治29年に道庁から認可を受けた、100年以上の歴史を持つ協会です。この間、木材の需給は大きく変動し、厳しい市況にもさらされながらも、会員の企業を支えてきました。

協会では、設立当初から緑化活動に力を入れて取り組んでおり、創成川畔、円山公園、中島公園、石山緑地など、市内各地で植樹活動を続けてきました。近年、札幌市内でも植樹が出来る場所が少なくなったことから、当会に緑化の取り組みをゆだね、寄付をしてくれています。

8月23日(水)、林業会館の談話室に、竹内理事長と中島事務局長がお見えになり、募金を贈呈してくださいました。本当にありがとうございます。

img_1842.jpg


北海道森林スポーツフェスタ2017から緑の募金へ寄附

 8月11日、小樽天狗山で開催された「北海道森林スポーツフェスタ2017」において、参加者の参加料の一部を緑の募金に寄附してくれました。

img_9236.jpg

img_9238.jpg




事務局活動日記

2017年 8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。