社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 事務局活動日記

事務局活動日記

北海信用金庫様から「緑の募金」

img_0693aaa.JPG余市町にて緑の募金贈呈式

11月20日 北海信用金庫の伊戸隆紀理事長からエコ活動の一環として、地域の緑化活動に寄与することを目的に販売した環境保護応援定期積金に約3千人のお客様のご協力があり、今春4月に交わした緑の募金に関する覚書に基づき200万円を寄附します。緑づくりに役立ててくださいと当会の堀達也理事長に目録をお渡しくださいました。(写真 左:伊戸理事長 右:堀理事長)

 堀理事長からは、「この募金を活用して来年5月下旬に、隣町の赤井川村の落合(国道393のメープル街道沿 1.2ha 村有地)に、植樹ボランティアや北海信金さんのお客様、赤井川村さんのご協力を得て、紅葉するモミジを中心に2000本程度植え、後々までも皆さんに愛される森を協働でつくりたいと、募金のお礼とともに森づくりすることをお約束しました。来年植樹ボランティアを募りますので、皆さんよろしくお願いします。(写真下 左:植樹予定地 右:贈呈目録)

img_0693aaaa.JPG

img_0698aaaa.JPG


「苫東・和みの森運営協議会」設立総会が苫小牧市で開催されました

 2007年6月、北海道苫小牧市の苫東工業基地の一角で、天皇皇后両陛下をお迎えし、第58回全国植樹祭が開催されたことは記憶に新しいところです。

 この植樹祭には全国から約1万人の人々が集い、豊かな森林を次の世代に引き継いでいくことを願って、木を植え、これからの北海道の森づくりの新たな一歩を印しました。

 そして、全国植樹祭の跡地とその周辺の森林を、幅広い道民と企業・団体などが協働により大切に守り育て、森に関わる人々の出会いや交流の空間としていきたいとの願いから、「和みの森」と命名し、森づくりや人づくりの活動の場として利活用してもらうことにしました。

 この「和みの森」において、森づくりdsc01332.JPG活動やその利活用を進めていくために、北海道・苫小牧市・(株)苫東・(社)北海道森と緑の会、そして「和みの森」を利用するボランティア団体などを構成員とする 「苫東・和みの森運営協議会」(11月6日設立)が立ち上げられました。

 運営協議会では、

 (1) 森づくり事業

   ・ 和みの森づくり基本計画(マスタープラン)の作成

   ・ 具体的な植樹や育樹・保育計画の作成と実践

   ・ インフラ整備の計画(最低限必要なハードの確保と管理)

 (2) 人づくり事業

   ・ 森づくり活動に関わることのできるボランティアの確保とネットワーキング

   ・ 森づくり活動と教育、福祉、企業のCSRなど他セクター、異業種とのマッ

    チング促進

   ・ 森の新たな利用者の確保に向けた啓蒙活動、プログラム開発

などの事業を進めるとともに、「和みの森」とそれを利用する団体等(会員)とのコーディネーターの役割を果たしていきます。

 11月22日(日)には、「和みの森」での活動のきっかけづくりとして、“NPO法人ねおす”の主催による「木道敷設ワークショップ」が開催されますので、多くの方々の参加をお願いします。

 当会では、全国植樹祭において多くの方々に植えて頂いた樹木を守り育てて立派な森林に育ち、森づくりの輪が多くの人々に広がることを願って、『森の魅力体感活動助成金事業』など、様々な形での支援をしていきたいと考えています。

 また、事務局では、多くのボランティア団体や森に関わる活動をしている方々の「苫東・和みの森運営協議会」への参加・登録を待っています。

 <運営協議会の事務局>

  (仮)登別市富岸町3-8 亀田記念公園管理事務所 いぶり自然学校内

      TEL/FAX 0143-83-5551(担当;田代・上田)

      E-mail : happy-yuka@neos.gr.jp                                     


鮨商組合様から10年続けて緑の募金

北海道鮨商生活衛生同業組合様から10年続けて「緑の募金」

img_0636aaa.JPG11月2日 道鮨商組合の理事長工藤繁毅様(多津美寿し 西区二十四軒)と副理事長中村勝俊様(おたる政寿司 すすきの店)が来会され「組合の総会会場での募金、道産巻の販売に伴う募金、各店からの募金等をまとめたものです。緑の募金に50万円寄附しますので植樹資金として活用ください」と当会の堀達也理事長にお渡しくださいました。

  堀理事長からは、10年間の永きにわたって累計630万円もの募金協力と、各地の植樹祭への参加などにお礼を述べるとともに、これまでのご功績(下段のポスターも参照)が公的機関の顕彰につながるよう努力したい旨をお伝えしました。浄財は植樹事業に活用させていただきます。全道でお寿司を握られている組合員の皆様ありがとうございました。(写真左 堀 理事長、中 工藤 理事長、右 中村 副理事長)

なお、11月1日の「鮨の日」が日曜日のため2日に来会されました。

img_0645.JPG

img_0643.JPGimg_0644.JPG


H21「緑化活動啓発作品」入賞者発表

bokin-aaa.JPG

bokin-bbb.JPG

平成21年度緑化活動啓発作品募集に係る入賞者の発表

昭和20年代から継続実施している本コンクールは、次代を担う児童生徒から、森林や緑に関する作文、ポスター原画、標語を広く募集し、顕彰することで、郷土の森林や緑大切さ、緑化活動への参加など、緑化思想の普及啓発を目的としています。

本年度も、関係機関のご協力を得て5月ー8月末までの4ヶ月間募集しましたところ、作文1img_0531aaa.JPG9、ポスター原画146,標語101、合計266点の応募がありましたので、10月21日に審査会(審査委員7名)を開催し、入賞者を決定しました。

応募者の皆さん、ご支援頂いた皆様、ありがとうございました。詳細の入賞者は別紙のとおりです。(PDF 1クリック してください)

■作文 

優秀賞(PDF 2クリックしてください)

「人と自然」    札幌市立山鼻中学校 3年 朝倉 章介 君

 「割り箸と地球環境」 苫小牧市立光洋中学校 2年 後藤 一総 君

■ポスター原画(写真のとおり)

 最優秀賞  写真 上左 知内町立知内小学校 6年  立川 ひかる さん

         写真 上右 共和町立共和中学校 1年   照井 亜美 さん

■標語

 最優秀賞 木を植える 地球におくる プレゼント 

白糠町立茶路小中学校 5年  林  美咲 さん

 優秀賞   小さな木 育ててつなぐ 未来まで  

稚内市立下勇知小中学校 6年 堀 篤志 君

        森林は 未来を救う 救世主      

白糠町立茶路小中学校 中1年 澁谷 俊樹 君      




事務局活動日記

2009年 11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。