社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 事務局活動日記

事務局活動日記

平成21年度「緑化活動啓発作品」募集のお知らせ

この「緑化活動啓発作品」募集は、当会が発足した次の年の昭和26年(1951)に愛林懸賞作文募集として始り、今年で59年目を迎えますが、本年度も、郷土の森林や緑の大切さ、緑化活動への参加を広く啓発することを目的に、次の要領のとおり募集しますので、多数のご応募をお待ちします。

募集期間 平成21年5月1日(金)ー8月31日(月)

提出先   当該支庁林務課へ

応募に係る詳細については当会へ

募集要領(PDF)

◎昭和26年 作文の部 第1位の作品(当会広報誌に掲載) 

「どうしたら緑化できるか」 乙部村立明和小学校6年 田村  寛 氏

(以下の写真は拡大してご覧ください)

20090528112135_00001.jpg

◎平成20年度優秀作品(当会広報誌GIFTに掲載)

gift-a.jpggift-b.jpg

gift-c.jpg


春の風物詩「街頭募金」活動に約400人が協力

img_0251.JPG5月初旬から中旬にかけて

 「緑の募金(緑の羽根)」の街頭募金は、昭和20年代から続く札幌の春の風物詩ですが、今年も多くの皆様にご協力をいただいて、5月6日 24日までの約3週間にわたり、札幌駅前通りを中心に街頭募金を実施しました。4月25日の道庁赤レンガ前で行った街頭募金出発式の参加者を含めますと、延べ約850人の方々にご協力をいただきました。

今年は肌寒い日が多く、加えて、新型インフルエンザが連日報道される中での実施(街頭活動は約2時間)となり、影響が出るのではと心配しておりましたが、元気に活動いただきました。ボランティアの皆様方、ご寄付いただいた市民の皆様方、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。(5/6ー5/24街頭募金額 507,032円)

後半になり、雨で中止となった日が2日間ありましたが、予定いただいたボランテイアの皆様にもお礼申し上げます。次の機会に是非ご協力をお願いしたいと考えています。よろしくお願いします。

【募金活動中の写真 全41枚 拡大してご覧ください】

札幌福祉専門学校

dsc01103.JPGdsc01106.JPGdsc01108.JPGdsc01109.JPGdsc01113.JPG

dsc01123.JPGdsc01124.JPGdsc01132.JPGdsc01130.JPGdsc01134.JPG

専門学校北海道福祉大学校(福祉保育学科)

img_0221.JPG img_0224.JPGimg_0229.JPGimg_0231.JPGimg_0233.JPG

札幌商工会議所付属専門学校 40名

img_0224.JPGimg_0225.JPGimg_0232.JPGimg_0235.JPG

(財)北海道農業協同組合学校 

img_0243.JPGimg_0246.JPGimg_0248.JPGimg_0251.JPGimg_0258.JPG

吉田学園情報ビジネス専門学校

p5160004.JPGp5160006.JPGp5160009.JPG

NTTOBボランティアの会 

p5160011.JPGp5160012.JPG

ガールスカウト

img_0298.JPGimg_0299.JPG

札幌静修高等学校

img_0301.JPGimg_0276.JPGimg_0281.JPGimg_0285.JPGimg_0312.JPG

札幌明清高等学校

img_0268.JPGimg_0286.JPGimg_0288.JPGimg_0291.JPGimg_0315.JPG

5月6日ー24日街頭募金協力団体(募金実施日順、敬称略)

ボーイスカウト(札幌22団、14団)、札幌福祉専門学校、専門学校北海道福祉大学校(福祉保育学科)札幌商工会議所付属専門学校、(財)北海道農業協同組合学校、吉田学園情報ビジネス専門学校、NTTOBボランティアの会、ガールスカウト、札幌明清高等学校、札幌龍谷学園高等学校、札幌静修高等学校、雨天中止団体(北海道文化服装専門校、専門学校北海道福祉大学校(介護福祉学科))


赤レンガ前で「緑の募金」出発式

425img_0148.JPG4月25日 本年度の緑の募金運動初日に、緑を守り育てる行動への参加と募金協力を呼びかける「緑の募金」街頭募金出発式を、木々が芽吹きだした道庁赤レンガ前庭で約450人の参加協力いただいて開催しました。また、式の後、募金協力員の皆さんは札幌駅前から三越デパート付近までに分かれて街頭募金を実施。寒い中でのご協力ありがとうございました425img_0146.JPG(後援:北海道、北海道森林管理局、札幌市)

出発式では、緑の募金大使に任命したコンサドーレ札幌の「ドーレくん」にも協力いただいて、次のとおり活動しました。

出発式に先立ち子供達によるカミネッコン苗木づくり(50本)。なお、苗木は同日午後、札幌市の白旗山に環境教育イベント(環境情報誌エコチル主催エコチルTV第三部に動画掲示)で植樹されました。

出発式  緑の羽根の伝達、子供達による募金の決意表明、種飛ばし等 

募金協力員への激励と苗木無料配布

三越デパート前で募金活動中の子供らを道議会副議長、副知事、北海道森林管理局長、札幌市環境局理事等が激励。また札幌市からご提供頂いた矮性のライラック「パリビン」50本を募金いただいた方などに配布しました。(募金額170,320円)

425img_0201.JPG

425img_0185.JPG

 

425img_0212.JPG

 

参加協力団体等 北海道議会、北海道水産林務部、北海道森林管理局、札幌市みどりの推進部、日本ボーイスカウト北海道連盟、ガールスカウト札幌地区協議会、札幌明清高等学校、北の森21運動の会、北海道インストラクター会、株式会社中山組、NPO法人新山川草木を育てる集い、NTT-OBボランテイアの会、エコチル読者の会((株)アドバコム)、グリーンライオンズクラブ、北海道フットボールクラブ(緑の募金大使ドーレくん)、株式会社森林環境リアライズ、北海道旅客鉄道株式会社、札幌三越(順不同敬称略)


中山組と「緑の募金」年間協力の覚書

img_0118b.JPG(株)中山組と「緑の募金」に関する覚書を調印

4月20日 中山 茂社長(札幌市東区)と堀 達也理事長が交わした覚書は、会社全体が参加型でご協力いただく大変ユニーク内容となっています。

調印後、中山社長は「業界は厳しい状況だが、緑化は建設業界と密接に関係しており、この取り組みで地域貢献をしたい」と話され、堀理事長は「はじめての取り組みもあり、このことを通して緑化が広がることを期待をしています」と感謝の意を表しました。(写真 右:中山 茂社長 左:堀 達也理事長)

覚書の主な内容

中山組の工事事務所等に緑の募金箱を設置(100箇所の予定)する。

社員の名刺に募金ロゴマークを印刷し1枚使用する毎に1円募金する。

「緑の募金」の街頭募金に参加する。

会社の電光掲示板に緑の募金のスローガンを表示する。

工事現場に自動的に募金される飲料水の「緑の募金自販機」を導入する。

協力期間は約1年間とする。(平成22年3月31日まで)

aaaimg_0220.JPG当会のロゴマーク入り名刺 (クリック→拡大)

1枚使用毎に1円募金

 

 

0425nakayama1.jpgcawq6sxn.jpg                                                                    

 

 

 

早速、4月25日道庁赤レンガ前庭での「緑の募金」街頭募金出発式に参加いただき、肌寒い日でしたが、札幌駅前付近で街頭募金活動にご協力くださいました。募金額19,025円ありがとうございました。




事務局活動日記

2009年 5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。