社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 事務局活動日記

事務局活動日記

遠軽信金様から「緑の募金」

遠軽信用金庫様から緑の募金に50万円の寄付

aaa-img_0109.JPG 11月14日(金) 遠軽信用金庫(理事長 磯部 日出造氏)専務理事の遠山 博 様が当会を訪れ、

  『緑の募金マークシールを活用しての「えんしん 環境応援定期預金」は、おかげさまで好調に推移しました。預金頂いた方の思いも込めて、覚書に係る50万円を贈呈します。北海道の緑化推進に活用してください』 と当会の堀理事長に目録をお渡しくださいました。

 堀理事長からは、謝意とともに、浄財は森林造成など後世に残る形を考えている事などを、お伝えいたしました。誠にありがとうございました。 《写真は贈呈式にて右:遠山 専務理事左:堀 理事長》

bbbimg_0106.JPGddd-img_0111.JPGccc-img_0112.JPG

写真1:懇談中の遠山専務理事氏(右)と堀理事長(左)     

写真2:(右)本間克明氏(札幌ブロック長 中央支店長)もご一緒に

写真3:目録

【遠軽信用金庫ホームページへ】


2008日高ツーデイズエンデューロから募金

     エンデューロ大会のチャリティー収益金から緑の募金

08htde_0786.jpg

aaaimg_0101.JPG

11月7日 日高北部森林管理署長 安永 正治 氏が当会を訪れ 《10月に日高町で開催された2008日高ツーデイズエンデューロ大会の主催者から、大会グッズの販売収益金を緑の募金に寄付しますので「緑化事業など北海道の豊かな自然環境作りに役立ててほしい」のメッセージとともに8万円をお預かりして参りました》  と当会の奈良専務にお渡しいただきました。関係者の皆様ありがとうございました。(写真は左:安永署長 右:奈良専務)

hidaka-2.JPG

森林管理署にて

安永署長(左)に「緑の募金」を託す大会主催者の日高モーターサイクリストクラブ代表の神保一哉氏(右) 

 

神保一哉代表のコメント

 《エンデューロは山あり谷あり川ありの変化に富んだ厳しい自然の中にコースを設定し、選手はオートバイで持てる技術を駆使してこれを走走破する競技です。豊かな自然環境があって始めて成り立つスポーツ。競技会の実行に当たっては、自然環境の保全や地球温暖化なども考慮に入れて、できる取組として募金活動を実施しました。》

2008日高エンデューロ大会(10月4・5日)

08htde_2359.jpg 08htde_1512.jpg08htde_2399.jpg08htde_0234.jpg   

  (写真:日高モーターサイクリストクラブ提供) 


北門信金様から「緑の募金」に500万円

北門信用金庫様からこれまでで最高額の寄付がありました。

hokumon.JPG

11月4日(火) 北門信金の業天理事長から『環境保護応援定期預金「みどりの森」の販売額がおかげさまで目標の200億円に達しました。感謝を込めて緑の募金に500万円を贈呈します。北海道の緑化推進に活用してください』と当会の堀理事長に目録が手渡されました。誠にありがとうございました。《写真は贈呈式 左:堀理事長 右:業天理事長》

今春、北門信金(本店 滝川市)と当会は、北門信金の創業60年記念事業及び北海道洞爺湖サミット開催にちなんだ個人向けの環境保護応援定期預金「みどりの森(当会のロゴマーク使用)」の発売に当たり、その預金受入額の0.025パーセント相当額を当会に寄付する「覚書」を取り交わしています。

業天理事長は、これまで滝川市やボランティア団体の緑化事業に多数で参加し、緑づくりに積極的に取り組んでいる。今回の募金もその延長上にある。と話され、これを受けて堀理事長は、今回のご寄付を記念し後世に残る「森づくり」を空知管内で検討したいとお伝えしました。《写真下 左から北門信金専務理事の池田治男氏、堀理事長、業天理事長》  北門信金ホームページへ

hokumon-4.JPG

hokumon-2.JPG




事務局活動日記

2008年 11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。