社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 事務局活動日記

事務局活動日記

「STVの森」で記念植樹(参加300人)

札幌テレビ放送の創立50周年「STVの森づくり」記念植樹に協力(9/28)

子供のために、昔と変わらぬ健全な環境を残こそうと、STVが番組等で募集した視聴者、植樹ボランテイア、STV関係者・アナウンサー等の総勢300人が協働して、平成16年の台風18号で被害を受けた支笏湖周辺の国有林約2ヘクタールに、トドマツ、アカエゾマツ、ミズナラ、アオダモ、ハルニレの5樹種2008本を約1時間かけて植樹しました。

9月28日(日)9時STVホールで出発式(STV岡部総務局長と当会の角舘副理事長挨拶)

stv-aisathu-dscf0258.JPGmorimidoriaisathudscf0259.JPGstvhole-scf0251.JPG

アナウンサー10名がバス7台に分乗し楽しくご案内、プロの話術であっという間に11時頃現地到着

stv-anaunser-bussdscf0262.JPGstv-shachu-dsc00802.JPGstv-iriguchi-p9170192.JPG

STVのファイビー、ファイニー、第58回全国植樹祭のシンボルキャラクター芽森(メモリー君)が出迎えて開会式。

主催者の鈴木STV社長が、道民の皆様への感謝と恩返し、子供のために昔と変わらぬ健全な環境を残こそうとご挨拶。引き続き参加者代表の2名による植樹宣言。代表者によるエゾヤマザクラを記念植樹(将来の目印)

stv-demukae-dsc00811.JPGstv-kaikaishiki-img_0081.JPGshokuzyusengenp9280057.JPG

植樹ボランテイアから“植樹は「気」を植えるつもりで” 丁寧に、根がはみ出ないように、 と指導を受け植樹。

kinenshokuzyuimg_0089.JPGstv-shidou1img_0094.JPGstv-uethuke-img_0095.JPG

火山灰混じりでスコップが思うようにささらず悪戦苦闘、アナウンサーの皆さんも一生懸命。

雨がパラツキましたが頑張って2008本を2ヘクタールに約1時間かけて植樹・完了。お疲れ様でした。

stv-uecimg2186.JPGstv-morinakaimg_0101.JPGstv-uecimg2198.JPG

stv-takayama-img_0102.JPGuemashita-p9280060.JPGuemashita2p9280061.JPG

植樹のあと、STV提供の温かい豚汁をマイハシで食事、引き続きアナウンサー司会による抽選会

stv-shokugidsc00818.JPGstv-atorakushondsc00823.JPGstv-1gou-bussimg_0109.JPG

誕生したばかりの「STVの森」をバックに記念撮影(バス1ー7号車別) 

stv-2goubussimg_0112.JPGstv-3goubussimg_0114.JPG stv-4goubussimg_0117.JPG

stv-5goubussimg_0120.JPGstv-6goubussimg_0122.JPGstv-8goubussimg_0123.JPG

stv-end-dsc00824.JPG

ケガもなく無事終了、皆さんご協力ありがとうございました。


(社)札幌地方自動車整備振興会から緑の募金

9月11日、社団法人札幌地方自動車整備振興会(会長 薄浩志 氏)が、創立40周年を記念し道新ホールで開催した”夕張市支援と森林保護のためのチャリティコンサート(出演:夕張市出身の大橋純子)”に参加した方々からご協力いただいた浄財の一部を、「緑の募金」に10万円ご寄付いただきました。

会場でチャリティーいただいた昼と夜の部を合わせて1400人の方々、そして振興会の皆様方、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

コンサートに先立ち、振興会副会長 山崎 市郎様から、この支援記念コンサートの趣旨のお言葉とともに寄付目録が「夕張市長藤倉 肇氏」と「当会理事長 堀 達也 代理の専務理事 奈良 賢」のそれぞれに、お渡しいただきました。

また、目録を受け取りました二人から、満員の会場の皆様方に浄財は有効活用させていただく旨の謝辞をそれぞれが述べ、大橋純子さんの迫力あるコンサートとなりました。おかげさまで感謝と楽しい一夜を過ごさせていただきました。皆様方に重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

写真は創立40周年記念チャリティーコンサート会場にて 

 山崎振興会副会長から目録を受け取る奈良専務   奈良専務のお礼の言葉  寄付目録

img_0042-2.JPGimg_0047.JPGimg_0049_1.JPG

                                          


全日本ロータス同友会から緑の募金

8月26日、全日本ロータス同友会北海道ブロック長 東海林 義男氏 から「緑の募金」に20万円のご寄付をいただきました。ロータス北海道ブロック会員の皆様ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

全日本ロータス同友会は、2007年の全国大会で定めた「ロータス環境宣言」に基づき、全会員がチーム・マイナス6%に参加するなど、地球環境の保全に取り組まれています。

この一環として、北海道ブロック大会の開催(網走市)を記念し、また、これを契機に環境問題意識の浸透を一層図るため、排気ガスなどを目に見える形で吸収固定する森林の整備・保護につながる活動へ寄付したいとして、森林保護活動等に取り組んでいる当会の緑の募金に寄付がありました。 (全日本ロータス同友会 500社、北海道ブロック会員 90社)

このご寄付は北海道の森林・みどりづくりへの貢献が大きいことから、9月7日(日)網走市で開催されたロータス北海道ブロック大会において、当会理事長 堀 達也 の感謝状を贈りました。

なお、感謝状は、網走市のロータス白井の中村和義社長にご配慮いただき、下段の写真のとおり、網走支庁の林務課長様から堀理事長のメッセージとともにお渡し頂きました。お忙しい中ありがとうございました。

 写真 8/26 緑の募金贈呈式にて(左から堀理事長、東海林ブロック長、矢内事務局長) p8260032.JPGp8260029.JPG

写真 北海道ブロック大会(網走)にて(左から東海林ブロック長、奥村網走支庁林務課長) kashajyouimg3859.JPG


全国一斉に秋期「緑の募金」運動

の「緑の募金」キャンペーン中です。            

【緑の募金で ふせごう 地球温暖化】

ご協力よろしくお願いします。

 

 1 キャンペーン名  地球温暖化防止に向けた緑の募金キャンペーン2008秋 

  2 実施期間       平成20年9月1日ー10月31日までの  61日間

 3 キャンペーンの主な内容

  緑の羽根の着用呼びかけ (着用強調月間  9月1日ー9月30日まで   30日間)

  企業等への募金働きかけ (創立記念や社会貢献活動(CSR))

  育樹祭等各種イベントでの募金活動 (会場で募金箱等の設置など)

   職場募金 (緑の羽根の着用と募金箱の設置など)

  春期未実施部門への働きかけ (各地の募金協力団体など)

4  募金ご協力いただける方へ

  ○ まずご連絡ください。 

    電話:011ー261ー9022 FAX:011ー261ー9032

  ○ 緑の募金啓発用の諸資材(無料)があります。(下表のとおり)

bokinhizai.jpg

 




事務局活動日記

2008年 9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。