社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 事務局活動日記

事務局活動日記

(社)札幌林材協会から緑の募金

6月27日 創立が明治29年(1894年)と歴史ある社団法人札幌林材協会(理事長 伊藤 義郎)から、緑の育成に役立てて欲しいと、「緑の募金」に10万円の寄附がありました。

贈呈は、住宅情報の収集発信や木造住宅の推進事業を行っている札幌林材協会の副理事長 竹内、高田の両氏と協会の114年の活動奇跡や耐震設計が厳しくなってからの木造住宅の着工状況などの懇談後に行われ、当会の堀理事長が、緑化の推進に役立てて有効活用しますと受領しました。

img_0051.JPG

img_0050.JPG

写真は、左手から、協会事務局長 中島邦夫、当会理事長 堀達也、協会副会長高田 義春(西尾木材社長)、竹内 昭治(伊藤組木材常務) 敬称省略

 


竹内山林緑化農園から緑の募金

竹内山林緑化農園2

7月27日 美瑛町の(有)竹内山林緑化農園の代表取締役社長 竹内一秋氏 から創業85周年を記念して「緑の募金」に30万円の寄附がありました。

当会の堀理事長は、苗木生産業務に携わったことがあり、竹内社長と種子採取や苗木を育てる難しさ等が話題に、その中で竹内社長は、現在、年20万本の苗木生産しているが、近年の温暖化はカラマツ(通称名は落葉)の苗木生産にも影響があり、秋深くなっても落葉せずに困っていること等も話された。

堀理事長からは、森林整備の基本である優良な苗木生産を85年もの永きにわたってのご努力と、この度の多額ご寄付に感謝を申し上げるとともに、募金を有効に活用して参りたいと話した。 (有)竹内山林緑化農園

写真は贈呈式にて

竹内山林緑化農園

 

 



「STVの森づくり」の調印式

5月30日 「STVの森」づくりに関する覚書を調印

北海道にふさわしい豊かな生態系を育む森林を創り、育て、将来の世代に引き継ぐことを目的に、千歳市の国有林(2004年の18号台風被害跡地 約 2ha)において「STVの森」づくりを石狩森林管理署、STV、当会の3者が協働で実施することとし、覚書を調印。

この森づくり事業は、STV社創立50周年を記念し、また企業の社会貢献の一環として当会と連携・協働で行われる。                               事業期間は植樹及び下草刈りなどの保育も含めて6年間。

植樹会の開催 : 本年9月28日(日)10時 2000本を300人で植樹する予定

調印式 左から瀬戸口森林管理署長、鈴木STV社長、堀当会理事長

img_0027-stv.JPGimg_0040_2.JPG

STV


芭里絵の皆さん「北海道洞爺湖サミット記念緑化募金」街頭募金を実施

  6月24日、ヘアサロン「モッズ・ヘア札幌(芭里絵)」の美容師25名の方々が、少しでも地球温暖化に役立てればと「北海道洞爺湖サミット記念緑化募金」の街頭募金を、出勤前の貴重な時間を割いて、札幌三越デパート付近で実施いただきました。

  モッズ・ヘアの美容師の方々は、春の「緑の募金」街頭募金活動でもご協力頂き今回で2回目、チラシを掲げるなど工夫し、大きな声で道行く人々にご協力を呼びかけいただきました。

 6/24サミット記念緑化募金        5/19 緑の募金街頭募金

 サミット記念緑化街頭募金サミット記念緑化街頭募金img_0016_3.JPGimg_0003_2.JPG


損害保険代理業協会から募金協力

北海道損害保険代理業協会札幌支部の「緑の募金」協力

北海道損害保険代理業協会札幌支部からDRPネットワーク加盟店工場の協力を得て、協賛店への車検及び自動車板金塗装の入庫1台につき「500円」を緑の募金に寄するとの申し出がありました。

この「緑の募金」活動は、損害保険に携わるメンバーと自動車板金塗装修理の加盟工場メンバーが連携して行う「緑の募金でふせごう地球温暖化」をテーマにした入庫誘導キャンペーンに、連動して行われます。

 ◎キャンペーン期間 7月1日8月31日まで

入庫等に係る詳細については、北海道損害保険代理業協会札幌支部へおたずねください。 バンフは別紙のとおり   011-518-1195 Fax 011-518-1196

キャンペーンパンフ


北門信金と募金の覚書を調印

北門信用金庫と緑の募金に関する覚書を調印

覚書の概要                                                                                      北門信用金庫は創業60周年記念事業として、北海道の緑化推進に寄与することを目的に、国土緑化推進ロゴマーク入りパンフレットを使用して、 環境保護応援定期預金「みどりの森」を販売し、この預金受入額の一定割合を(社)北海道森と緑の会に募金する。

 覚書期間 :4月1日ー11月30日まで

 募金割合 :「みどりの森」受入額の0.025%、上限は500万円

shinkinoboegaki2.JPG shinkinoboegaki31.JPG

写真は北門信用金庫本店(滝川市)での「覚書」調印式

         右 : 北門信用金庫      理事長 石田誠司

        左 : (社)北海道森と緑の会 理事長  堀  達也

北門信用金庫

 

北門信用金庫の職員の方々から募金

4月21日 北門信金信用金庫札幌支店長 伊井俊明 氏が職場募金をしましたと82,798円を当会に届けて頂きました。ありがとうございました。

 写真 左 伊井 俊明 札幌支店長  右 阿部 昭彦 当会事務局長

img_0121-shinkin.JPG

 


平成20年度「緑化活動啓発作品」の募集

平成20年度「緑化活動啓発作品」の募集

  募集期間 5月1日ー8月31日まで 詳細はここをクリック 

  作品の使用例  

   19作品使用例     


黒竜江省杜蒙県で地元中学生と共に植えてきました。

p6010164.JPG植樹の様子平成20年6月1日薄曇りの内モンゴル自治区新店林場にて、地元中学生と、中国産ポプラ、モンゴリマツを植えてきました。

写真にありますように、乾燥地帯での黒竜江省林業庁が永年取り組んできた砂漠化防止のための植樹を道民ボランティアがお手伝いするものです。

今回でこの活動は、最終となるため、平成15年ー17年まで植樹した場所を視察しましたが、見事に生育した様子に感動しました。




事務局活動日記

2008年 6月
« 2月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。