社団法人北海道森と緑の会

〒060-0004 札幌市中央区北4条西5丁目 林業会館4F
TEL:011-261-9022/FAX:011-261-9032

トップ > 事務局活動日記

事務局活動日記

紋別市で木育ひろばを開催

 9月19日、紋別市の流氷公園で行われた食育・木育イベントで、ブースをお借りして、マイ箸製作体験を行いました。開店から閉店まで途切れることなく参加者が訪れ、箸づくりに取り組みました。

p1030980.jpg

p1030978.jpg

p1030977.jpg


白楊幼稚園・せいめいのもりの園児等がミズナラを植樹

 札幌市の白楊幼稚園の園児・先生42人とこども園「せいめいのもり」の先生2名が参加して、札幌市植樹祭の会場の一部をお借りして、ミズナラの植樹を行いました。2年前、当会主催の「森の教室」で、札幌市内の白楊幼稚園、もいわ幼稚園、清明幼稚園の3園の園児達がドングリの種蒔きを行い、その後、大切に苗木に育ててきました。今回は、もいわ幼稚園の園児が育てた苗木も含めて約200本ほどの苗木を植樹しました。

園児達は、事前に植え替えたカミネッコンをみんなで協力しながら一生懸命植えていました。

p1030952.jpg

p1030949.jpg

p1030946.jpg

p1030948.jpg

p1030950.jpg

p1030951.jpg

p1030953.jpg

p1030954.jpg


幼稚園児による森づくり体験活動(白楊幼稚園)

 24日のもいわ幼稚園に続き、札幌市の白楊幼稚園で、園児達の森づくり体験活動を行いました。

もいわ幼稚園と同じく、白楊幼稚園でも2年前に「森の教室」を行い、園児達が近くの山で集めたドングリをポットに植え、大切に育ててきました。今回、その苗木を札幌市植樹祭の会場で植樹することとなり、そのためカミネッコンに植え替え作業を行いました。

植え替え作業には35人の園児が参加し、40本の苗木を植え替えしました。

 

〈作ったカミネッコンに絵を描いた〉

dsc03827.jpg

 

〈カミネッコンへの植え替え作業〉

dsc03833.jpg

p1030943.jpg


幼稚園児による森づくり体験活動(もいわ幼稚園)

 札幌市のもいわ幼稚園で、園児達の森づくり体験活動を行いました。

もいわ幼稚園では、2年前に「森の教室」を行い、園児達が近くの山で集めたドングリをポットに植え、大切に育ててきました。今回、その苗木を札幌市植樹祭の会場で植樹することとなり、そのためカミネッコンに植え替え作業を行いました。

植え替え作業には25人の園児が参加し、40本の苗木を植え替えしました。

〈カミネッコンへの植え替え作業〉

p1030938.jpg

〈植え替えを終え、水やり〉

p1030935.jpg

〈作業完了〉

p1030932.jpg

p1030940.jpg


ながぬま緑の少年団が一歩園ジュニア自然環境賞を受賞

 長沼町の「ながぬま緑の少年団」が第6回一歩園ジュニア自然環境賞を受賞しました。この賞は財団法人前田一歩園が2010年に創設したもので自然環境保全に優れた取り組みを行っている団体等に与えられるものです。ながぬま緑の少年団は、当会の緑の募金活動にも積極的に取り組んでいる団体で、長沼町内で採取した樹木の種子を自分達で育て、その苗木を使った植樹活動を長年続けています。

北海道新聞


食べる・たいせつフェスティバルで木育ひろばを開催

 8月22日、札幌市のツドームで行われた「食べる。たいせつフェスティバルイン札幌」に参加し、木育ひろばを開催しました。積み木や木のプールなど、子供達が遊べるブースのほか、木でカホンやマラカスなどの楽器づくり、マイ箸づくり、木のクイズコーナーなどを設置し、木と遊び、ふれ合う場を提供しました。

dsc_3404.jpg

dsc_3430.jpg

dsc_3411.jpg

dsc_3379.jpg?

dsc_3384.jpg

dsc_3395.jpg

dsc_3399.jpg

dsc_3416.jpg

dsc_3423.jpg

dsc_3376.jpg

dsc_3373.jpg


ガールスカウトのみなさんと「木育広場」を開催

 8月7日、札幌駅北口にあるエルプラザで、ガールスカウト北海道連盟結成50周年記念イベントミラクルパレット」が開催されました。当会は、日頃からガールスカウトの皆様には、緑の募金活動などで協力をいただいております。今回、このイベントのご案内をいただき、木で楽器(マラカス)やマグネットづくりを行いました。

当日は、米国アラスカ州のガールスカウトをはじめ、たくさんの子ども達が集まり、当会の木育コーナーも、200人分の材料を用意しましたが、すべてなくなる盛況ぶりでした。


小学校で森林を考える授業

 7月13日、札幌市の新陽小学校で、総合学習の時間をいただき、森林と環境をテーマにした授業を行いました。この取り組みは今年で2回目で、昨年に引き続き、5年生の児童を対象に行いました。

当日は、児童役80人が参加し、最初の1時間は、森と緑の会が担当し、クイズをやりならが森林について学ぶとともに、森林の模型を使って、木のある森林と木のない森林では、雨が降ったとき、水の流れがどう違うかの実験を行いました。2時間目は、特定非営利法人共育フォーラムの太田稔さんが、「木にまなぼう」と題して、木を上手に使うことの大切さを考える授業を行いました。子ども達は、日頃の授業と違うこともあってか、興味深く、真剣にはなしを聴き、いろんな質問が飛び出しました。

子ども達は、この後、自分たちで、自主研究を行い、10月に研究成果の発表会を行います。

dsc02556.JPG

dsc02572-zikken.JPG

dsc02574-oota.JPG


函館・高丘幼稚園の園児がミズナラを植樹

 9月17日、函館市の高丘幼稚園の園児が、園庭で育ててきたミズナラの苗木を大沼公園流山の森に植樹しました。

2年前、当会主催の「森の教室」を高丘幼稚園で開催し、みんなでドングリをポットに植えました。その後、園児たちが水やりをしながら大事に育ててきた苗木を今回、山に植えたものです。

この日は、園児32名に親も参加し、植樹会を行いました。

植樹のあと、園児達は、馬で丸太を運ぶところを見学し、流山のスタッフの指導で、馬車に乗ったり、森の中で いろいろな体験活動をしました。

北海道新聞  函館新聞

p1030507.jpg

p1030514.jpg

p1030531.jpg

p1030536.jpg


木育広場inつくしの開催

 7月25日(金),26日(土)の2日間、札幌市で、木育広場を開催しました。

札幌市において障害者支援サービス事業を行っている社会福祉法人朔風(さくふう)さんの協力により、道産の木材をふんだんに使って建てられた「地域交流多目的施設」をお借りして開催しました。25日は、施設の関係の方々を対象に、26日は、地域の子供たちに施設を開放して行いました。

dsc_2191_01.jpg dsc_2195_01.jpg

dsc_2211_01.jpg dsc_2235_01.jpg

dsc_2217_01.jpg dsc_2241_01.jpg dsc_2244_01.jpg




事務局活動日記

2017年 6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


トップページ
©2008 北海道森と緑の会

当ホームページでは、標準サイズ(文字サイズは中字)で最適化しております。
文字サイズ等を変更されますとレイアウトが変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。